関西でもトップクラスのソープランドで有名な福原のソープとは

現在の風俗の主流は「ホテヘル」等の「ヘルス」店かもしれませんがやはり風俗の王様といえば「ソープランド」ではないでしょうか。

古くは「トルコ風呂」と呼ばれたようにお風呂のある個室でお客様に性的サービスを行うお店です。
名前に「ソープ=石けん」とあるようにお風呂がある個室なので全身泡まみれ、ローションまみれになりお客様に密着したプレイが特徴です。

マットプレイやスケベ椅子などソープランド独自のプレイを楽しんでもらいます。
「ソープランド」のお客様は濃厚なプレイや華麗なテクニックいわゆる「プロの技」をを楽しみに来店される方が多いのでコンパニオン(ソープ嬢)は他の業種よりテクニシャンが多く見受けられます。

ホテヘルやデリヘルはテクニックより素人っぽさを求めるお客様が多いようです。
そうはいっても最近ではソープランドも多様化しているのでテクニックは無いけど初々しい業界未経験な女の子を積極的に採用するお店もあるので必ずしもプロの技を身につけなければならないというわけではないようです。

「ソープランド」の営業している地域は非常に制限されているので働きたいと思っても近くにない場合も多いでしょう。

代表的な営業地域は

札幌の「すすきの」
東京の「吉原」
岐阜の「金津園」
滋賀の「雄琴」
神戸の「福原」
福岡の「中洲」

などでしょうか。

料金は高級店と大衆店、格安店とではかなりの差があるようです。
会員制になっていて料金が10万円を超えるような高級店もあればホテヘル並の料金で遊べる格安店もあります。
高級店はプレイ時間が2時間以上と長く大衆店は90分、格安店は60分以内のお店が多いようです。
格安店はマットプレイなどがなくあまりテクニックを求められないこともあって若くて可愛い女性が在籍しているケースも増えているようです。

福原ソープ街 桜筋

関西ではトップクラスの福原のソープランド

ソープランドはいわゆる風俗の王様で、全てのエロいサービスが揃った業種で、普通のヘルス店では味わうことのできないサービスを受けられます。
福原には多くのソープランドが営業しているんですが、値段によって色々分かれとります。
5万円以上の高級店から2万円以下の格安店までおさいふ事情に合わせて選べますよ。

ソープランドは福原とか神戸とかの限られた地域でしか営業することができなくて、大阪からだと移動がちょっと大変です。
でも、風俗遊びしたことある男性なら一回はソープランドでのプレイを体験したいもんです。
ソープというだけあってお風呂でのプレイがメインなんですが、ソープ店の中にはマットをしなくてベッドだけのお店もあるようです。
他の風俗店では味わえないゴージャスな気分を、女性の肉体とふわふわな泡に包まれながら体感できるので、楽しい事間違いなしです!

福原ソープ街の今のお客様と昔のお客様の傾向

時代とともにソープランドも変化がみられます。
トルコ風呂時代からすると格段に変化してきています。
値段の差で高級店や中級店大衆店という区分ぐらいしか無かったのですが、今ではコンセプトの違いでも分かれていますね。

なぜこのように分かれていったのかはお客の好みが変化してきているからで、そのニーズにお店が合わせた結果が今のソープランド業界なんですね。

一時期、ヘルスやピンサロが流行した影響でソープランドからお客が流れていった時もありました。
ヘルスやピンサロ以外にもホテヘルやファッションヘルスデリヘルなど今は多種多様な業態がありますね。

こうしてお客の流出を止められず衰退していたソープランドですが、最近復興してきた理由は、他の業態の風俗の要素を取り入れたからなんです。

昔ながらのソープファンは離れていってしまった事もあります。
しかしヘルスやデリヘルを普段楽しむ若者が、風俗の一つの選択肢としてソープランドにも来るようになったんです。

昔のソープランドのお客の傾向は?

比較的お金持ちでクラブやラウンジなんかの夜の遊びが好きな遊び人。
ケチらない一般的な社会人で、いい女を抱きたいという欲求が強く少し偉そうで社交的。
人付き合いが好きでお金をつかう事にステータスを感じていて、割引などに執着せず散財する。
性的に絶倫で女遊びのことを武勇伝のように言ってまわる。
こんな感じでした。

今のソープランドのお客は?

お金持ちもいるがあまり稼いでいない人もいて、お酒を飲まずシビアに金額を調べてちょっとでも安く遊べる店をさがす。
社会人だけでなくフリーターや一見何をしている人なのかわからない。
いい女を抱きたいのではなく、自分の好きな女を抱きたいと思っていてフェチ的である。
性欲はそんなに強くないが、できるだけお金を使わずに遊ぶ方法が無いかは力を入れて情報を集める。
だいたいこんな感じでしょうか。

全てこうだと言うわけでもないですが、昔は夜遊びは男の器を図るものとしてソープランドに通っているお客が多かったのですが、今ではシンプルに自分の欲求を満たせる事を求めるお客が多いんですね。

今のソープランドが色々な業態になったのは、男性の性の好みが変化してきたからだったんですね。

福原のソープランド

特殊なコンセプトも増えてきた福原ソープ街

福原のソープ街には面白いソープ店も目立ってくるようになりました。
王道の、ザ・ソープというお店だけでなく、ピンサロやホテヘルのような発想で、バリエーション豊かなコンセプトのお店が目立ってきました。

コスプレ、アイドル、セクハラなどなど。
いわゆるマニアやフェチ系のお店です。
こういうコンセプトを打ち出すのは結構ギャンブルかもしれません。
フェチやマニアは絶対数が少ないからそう呼ばれるので、特殊なコンセプトを打ち出すと、お客様の来店の門戸を狭くする可能せもあるからです。

そういう趣味が無いお客様からすれば、店名聞いただけでもうお店選びから外れてしまいます。
他の地域では価格や在籍する女性の年齢層で分類するぐらいで、基本のコンセプトは変わりません。
そして女性の確保にも苦労する事になります。

どれだけ美人でスタイルがよくてもコンセプトにあっていなければ、ロリ系のお店で稼ぐのは難しくなりますし、変な衣装を着せられたり演技が必要になったりと、そういう事に抵抗を感じる場合は面接にも来てくれないでしょう。

しかし、こういうリスクを取ってでもコンセプト変更をしないと生き残れないということなんでしょうか。
福原にはソープ店だけで60店舗もあり、近くの神戸や三宮にも風俗店があるので競争相手はたくさんです。
いままで通りのやり方ではお店を繁盛させることが難しくなってきているんでしょうね。

お店のバリエーションが増えて、選ぶ側からすると楽しくなってきたと思います。
その日の気分や、自分の新しい世界への挑戦もできますし、選択肢が増えるということは、お客にとってマイナスではありえないのです。

これからもどんどんいろんなコンセプトのお店が出てくると楽しくなってきそうですね。

[PR]福原ソープ 社長秘書
待ちきれない厳選美女秘書達が日の出よりお出迎えいたします。
福原ソープ 桜筋にある「社長秘書」は、本格セクハライメージプレイができるソープランドです。